外装塗装リフォームを行う理由

住宅リフォームの中でも外壁塗装リフォーム(外壁の塗り替え)は、工事が半月から一ヶ月以内と短期間に終わることもあり、またリフォーム後の見た目もわかりやすいため、人気があるリフォームの一つです。
しかし、それなりの費用(建坪30坪程度で100~120万円程度)が必要となり、家を長く持たせるためには10年に一度行うことが理想となります。

では、外壁塗装リフォームはなぜ必要なのでしょうか。
主な目的は「家の見た目を良くする」「サビや痛みから家を守る」です。

定期的なメンテナンスの目安
一般的にメンテナンスの時期は、建物を建ててから10年と言われています。
しかし、外壁塗装に使用される素材や塗料の耐久年数が10年以内というものも、じつは多くあります。
また耐久年数内であったとしても、自然環境から受けた影響により、問題が発生することも十分ありえます。
つまり「メンテナンスは10年後でいい」という言葉通りに過ごしてしまうと、状況によっては取り返しのつかないケースになってしまうこともあるのです。
ある程度年数が経っているのであれば、建物の現在の状態を調べて把握することは、大切な建物を守るための第一歩です。

塗装劣化(チョーキング)

チョーキングとは、塗料が劣化により白い粉末状に変化してしまうことを言います。これは樹脂系塗料を使っている限り、ほとんど起こる現象であり、メンテナンスを行う一つの目安とも言われます。

汚れの付着

雨風にさらされている外壁は、ホコリや排気ガス、雨だれなどの汚れが定着してしまいます。こうした汚れを放っておくと、見た目だけの問題ではなく、外壁内部への影響が起こるケースもあります。そうしたことのないように、外部の汚れも定期的に洗浄する必要があります。

塗装やコンクリートのひび割れ

外壁の表面に施した塗料が、強い紫外線や寒暖差と乾湿の変化の繰り返しにより伸縮し劣化します。ひび割れは雨風を受ける原因となり、そこから内部へと大きな被害を生み出します。

金属類のサビ

鉄をはじめとした金属類はどうしてもサビが生まれることを避けれません。どのようなパーツも表面処理によりサビさせない施策はしていますが、長い間完全に持つという訳ではなく、こうした素材ではどうしても起こってしまう問題です。

シーリング劣化

新築から数年が経ち、まず起こる問題箇所の一つがシーリングの劣化です。シーリングとは外壁のつなぎ目を埋めるものでコーキングとも呼ばれます。建物の伸縮や、シーリング自体の劣化によりヒビなどが生まれてしまいます。

よくある質問
施工中は、普段の生活と変わりないですか?
高圧洗浄時には洗濯物を外に干せないですが、その他は普段通りの生活がおくれると思います。
近所とのトラブル対策は?
まずご近所様へは、工事前の挨拶を行います。塗料などの飛散による対策として、メッシュシートによる養生対策など行い、最善の対策をいたします。
塗り替える季節に適した時期はありますか?
外壁塗装、防水工事は、通年を通して行うことが可能です。ただし、温度や湿度、寒暖差などに極端な症状がある場合、作業時間に制限が出ることもあります。
外壁塗装は家人が留守でも可能ですか?
家の中に上がって作業をすることはほとんどないので、家人が留守でも問題ありません。
もし、家人がいる時でないと塗装ができないという状況になれば、塗装期間も長くなりますし、塗装に最適な気温・湿度を逃してしまうことにもなります。
工事にはどのくらいの日数がかかりますか?
天候などにもよりますが、30坪程度で7日から10日を目安にしています。
PAGE TOP